Home>About Us>沿革

沿革

2001年02月 米国カリフォルニア州にてSanBio, Inc.を設立
2002年11月 よこはまティーエルオー株式会社より、現在の開発品の基本技術となっている基本シーズに係る知的財産の譲渡を受ける。
2009年10月 SB623の日本における脳梗塞の専用実施権許諾契約を帝人株式会社と締結
2010年05月 SB623脳梗塞用途、米国FDAからIND(臨床試験開始の承認)を取得
2010年09月 SB623の米国およびカナダにおける脳梗塞に関するオプション契約を大日本住友製薬株式会社と締結
2011年01月 SB623慢性期脳梗塞用途で、米国にて臨床試験フェーズ1/2aを開始
2013年02月 日本法人サンバイオ株式会社を設立
2013年05月 SB623外傷性脳損傷用途、米国FDAからINDの承認を取得
2013年08月 SB623脳梗塞用途、米国にて臨床試験フェーズ1/2aの患者への投与完了
2013年08月 サンバイオ株式会社 本店を東京都港区海岸に移転
2014年01月 日米親子逆転の企業再編を実施(日本法人を親会社に)
2014年02月 米国サンディエゴで開催された国際脳卒中学会(International Stroke Conference 2014)にて、SB623脳梗塞用途の臨床試験フェーズ1/2aの結果が報告される
(スタンフォード大学神経外科総責任者 ゲーリー・スタインバーグ教授、臨床試験実施責任者)
2014年06月 SB623慢性期脳梗塞用途で、米国FDAより、フェーズ1/2aの終了およびフェーズ2bの実施承認を取得
2014年09月 SB623慢性期脳梗塞用途に関する米国およびカナダでの共同開発およびライセンス契約を大日本住友製薬株式会社と締結
2014年12月 サンバイオ株式会社 本店を東京都中央区明石町に移転
2015年04月 東京証券取引所マザーズ市場へ上場(証券コード: 4592)
2015年07月 SB623日本における外傷性脳損傷用途の開発に本格着手
2015年10月 SB623外傷性脳損傷の米国フェーズ2臨床試験を開始
2015年12月 SB623慢性期脳梗塞の米国フェーズ2b臨床試験を開始
現在に至る
ページの先頭へ
閉じる